薬を飲む女性とマスクをかける女性
公開履歴
薬を飲む女性

インフルエンザはリレンザが開発されるまで、対処療法の手段しかなかった感染症です。
対処療法とはウイルスの原因を抑えるのではなく、今みられる症状を和らげる方法で、インフルエンザでは解熱などがこれにあたります。
リレンザが開発されると、画期的な治療法として瞬く間に世界中で利用され、現在は別の治療薬が主に利用されていますが、現在でも十分な効果を発揮する薬として常備薬のひとつとなっています。
リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、その作用機序には、ウイルスが増殖するために必要な酵素であるノイラミニダーゼを抑えて、全身にウイルスが広がるのを抑制します。
その効果は、発熱などが発症してから48時間以内に使用することで、インフルエンザの症状を和らげるとともに、発症期間を短縮することができます。
このウイルスを抑制する効果から、治療薬だけでなく予防薬としての使用も許可されており、条件さえ合えば予防薬として病院で処方してもらうことも可能です。
二次感染を防ぐ観点からも利用されますが、万が一感染してもそのままリレンザを使った治療が可能で、重症化しやすいインフルエンザでも症状を軽くすることができます。
リレンザはその他の抗インフルエンザウイルス薬の様な錠剤ではなく、リレンザは吸入タイプの薬で、薬剤を直接吸うことで喉の粘膜からすぐに体内に吸収されます。
粘膜から吸収するので短い時間で効果を発揮し、携帯しやすい形状、場所を選ばず水も使わないという利点からも、リレンザが予防薬として優れた薬であることがわかります。
予防薬として使用する際は1日1回で10日間の吸入を行うので、職場や学校でインフルエンザが流行しだした時期に合わせて使用すると良いでしょう。