行政によるリレンザの備蓄量について

マスクをかける女性

冬は全国各地でインフルエンザが大流行し、田舎の診療所や小さなクリニックでは、リレンザなどの抗インフルエンザ薬が足りなくなってしまうことがあります。
インフルエンザを発症して、苦しんでいる子供を連れて、お医者さんのもとに行ったにもかかわらず、薬がないと言われると、目の前が真っ暗になってしまうでしょうね。
個人輸入代行通販を利用すれば、リレンザを購入することが出来るので、インフルエンザが流行しそうな冬の季節は、家族の分もまとめて、棚や救急箱に入れておくようにしてください。
行政では、備蓄する治療薬の備蓄量を650万人分を削減するという提言をまとめていて、製薬会社などでの備蓄量は600万人分増やすことになっています。
全体の備蓄量の目標である、人口の45%は維持することになりますが、それで本当に足りるかどうかは誰にもわからないでしょうね。
個人輸入代行通販でリレンザを手に入れ、備えておけば、お医者さんに診てもらわなくても、自宅で治せるので、出来るだけ安いサイトから購入することをおすすめします。
リレンザはA型やB型のインフルエンザに効果がある薬で、ウイルスの増殖に欠かせない酵素の働きを阻害する働きがあります。
48時間以内に使用することで、全身にウイルスが行きわたる前にケアできるので、重症化するのを防げます。
若くて体力のある人なら、高い熱が出ても、そのうち治まりますが、幼児や老人、妊婦の場合は抵抗力が低いため、なかなか治らない可能性があります。
入院して治療を受けても助からない可能性がありますから、そこまで悪化する前に、リレンザのような薬を使って治すようにしてください。
タミフルよりも副作用が少ないといわれているので、インフルエンザの予防や治療にはリレンザを使いましょう。