薬局の薬とリレンザの違いや注意点

せきをする女性

冬には様々な流行感冒症を見ることができます。
風邪のほかにインフルエンザの流行もあり、特に体調管理に注意が必要です。
インフルエンザに感染してしまうと40度近くの高熱に見舞われ、下痢や嘔吐が続き、咳や鼻水の分泌も多く、日常生活を普段通り行うのが難しくなります。
こうした高熱でありながらも自己判断で風邪と信じ込み、薬局で売られている一般風邪薬を飲み続ける人がいます。
しかし一般的な風邪薬は発熱やのどの痛みなど風邪の一般諸症状を緩和するだけにとどまり、インフルエンザを完治させることはできません。
インフルエンザの治療には医療機関で処方されるリレンザやタミフルを服用する必要があります。
リレンザやタミフルと一般風邪薬の違いは、インフルエンザウイルスの増殖を抑制するか否かと言った抜本的な違いがあります。
タミフルやリレンザを服用すれば肺でのウイルスの増殖を抑制し、高熱などの諸症状も緩和されるようになります。
リレンザやタミフルを服用する場合、必ず医師の処方箋通り用法用量を守ってきっちり服用することが大事です。
一日三回のリレンザの吸入を怠慢で一日一回にしてしまうと、容赦なく再びウイルスが肺で増殖を始めます。
一週間程度きちんと回数を守って服用することで、体外にウイルスが排出され健康を取り戻すことができるようになります。
また感染したら必ず一週間程度、隔離された部屋で安静に療養に努めることが大事です。
それは他の人に飛沫感染させないために非常に重要なことです。
また室内を加湿器で加湿することで湿度を50パーセント以上に維持でき、ウイルスの活動を弱めることができます。
また喉や鼻などの粘膜を潤し呼吸なども楽にすることができます。

人気記事一覧
2
せきをする女性

薬局の薬とリレンザの違いや注意点

2019年06月28日

(72 Views)