妊婦もウイルス増殖を抑えるためリレンザが使える?

妊娠中は母親一人だけの体ではありません。
胎児の健康や発育をしっかり考慮しなければいけません。
そのため母親はできるだけ風邪やインフルエンザに感染しないように注意しなければいけません。
こうした流行感冒症に感染してしまうと、治療のために様々な薬を飲まなければいけません。
時として胎児の発育や健康に悪影響をもたらす薬を飲んで治療しなければならず、健康管理は非常に重要であると言えます。
冬に喉の違和感、頭痛、疲れを感じたらすぐに医療機関を受診し、医師の適切な指示に従わなければいけません。
真冬は妊婦がインフルエンザに感染している可能性も捨てきれません。
しかし妊婦がタミフルを服用してインフルエンザの治療にあたるのは胎児に悪影響を及ぼす場合があります。
タミフルは人によっては蕁麻疹、激しい頭痛に見舞われたり、悪夢を見る、幻聴や幻覚といった副作用が報告されています。
悪夢や幻聴、幻覚によって夜中徘徊などの異常行動を起こす人もいます。
妊婦が徘徊し異常行動を見せることは胎児の命の危険があるという事です。
そのため妊婦のインフルエンザ治療や予防対策はタミフルではなくリレンザを用いることが大事です。
リレンザは飲み薬ではなく粉末の吸入薬です。
そのため胎児への悪影響を極力回避することができます。
リレンザの粉末薬は肺にダイレクトにとどまってインフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれます。
感染した時だけにリレンザを吸入するのではなく、感染予防対策としてシーズン中リレンザを吸入した方が良いと言えます。
妊婦はインフルエンザの予防接種を控えた方がよいので、こうした吸入薬による感染予防が非常に大事になります。
また外出時にはマスクを装着してウイルスが侵入しないように努めることも大事です。